歯科検診

多くの人は歯科医には虫歯が出来ないと行かないものですが、本当は定期的に歯科検診に行くと良いです。虫歯だけではなく、歯茎の状態もチェックしてもらえますし、歯石などのクリーニングも行なってもらえます。自覚症状のない歯周病や、歯茎の後退なども発見してもらえます。放っておくと歯を失う可能性があるので重要ですし、他にもごく初期の虫歯ならば、歯磨き指導で再石灰化したり、ひっかいて取り除いてもらったり出来て虫歯からの回避が出来たりします。

単純に虫歯治療をするだけではなく、歯科医では予防の方法を教えてもらえたり、自分が歯周病であることを教えてもらえたり、フッ素を塗れば虫歯の予防になることを教えてもらえたりと、良いことがたくさんあります。歯科医は怖いところとか嫌いだという考えが、健康な歯を保つ為に邪魔になっていることを広く一般に知らせた方が良いのですが、なかなか難しいものがあります。

例えば、口臭がしていた人が、マウスウォッシュやスプレーなどで防止策を実践していたとしても、元から改善しなければ、治らないということを分からないまま長い年月を過ごしてしまうことはとても多いケースです。これは、歯科医に行けば、虫歯から来ているものであるとか、歯周病から来ているものである、などの原因を教えてもらえます。
はじめは受け入れがたいこともありますが、それが原因であるので取り除いてしまえば、悩みである口臭は改善されるのです。